FXに掛かる税金って?

FXに掛かる税金って?

年末が近づいてくると、FXで利益を得た方は一体どれくらいの税金が掛かるのか気になりますよね。
それでは、FXに掛かる税金ってどれくらいになるのでしょう。
まず、FX取引の種類には、大きく分けて、「店頭取引」と「くりっく365」とがあります。
店頭取引の場合、一年間の合計所得によって税率が変わってきます。
給与所得者の場合には、その給与も含んだ額で合計所得が計算されますので、注意してください。
現在、決められている所得税と住民税を含んだ税率は、
・所得が0〜195万円以下の場合・・・15%
・所得が195万円超〜330万円以下の場合・・・20%
・所得が330万円超〜695万円以下の場合・・・30%
・所得が695万円超〜900万円以下の場合・・・33%
・所得が900万円超〜1800万円以下の場合・・・43%
・所得が1800万円超えの場合・・・50%
となっています。
くりっく365の場合、店頭取引とは異なり、給与所得などと合計する必要はありません。
所得税と住民税を含んだ一律20%の税率なので、所得の多い人にとっては、くりっく365の方が税金面で考えると有利なのではないでしょうか。
ちなみに、FXで得た利益は税制上、「雑所得」となります。

もし、この全ての雑所得の合計が20万円よりも少なければ確定申告の必要はないのです。
つまり、雑所得となる他の収入がなく、FXの利益も20万円より少なければ、税金は掛からないということですね。