FXのポジション比率を知るにはどうしたらいい?

FXのポジション比率を知るにはどうしたらいい?

FX投資をする際に、通貨の売り買いのタイミングを判断する材料の一つとなるのが、ポジション比率でしょう。
ポジション比率とは、主要通貨ペアが保有されているポジションの割合を計算したものになります。
ロングポジション(買いポジション)とショートポジション(売りポジション)の割合や未決済のポジションの率をグラフなどで示していることが多いです。
売買比率と表現していることもあります。
FXのポジション比率を知るためには、顧客のポジション比率を公開しているFX業者のサイトをみるのがいいでしょう。
例えば、OANDAは20分おきに情報が更新されています。
また、外為オンラインやFXオンラインジャパンのサイトなら、準リアルタイムでの更新が行われているのです。
顧客のポジション比率を公開しているFX業者はそれほど多くないので、いくつかのサイトを比較してみるのもいいかもしれません。
FX業者によって、長期運用向けだったり、短期運用向けだったりするので、ポジション比率も多少は変わってくるはずです。
他にも、外為どっとコムやNTTスマートトレードのサイトなどがよく参考にされているみたいですね。
ポジション比率をみると、相場の流れがわかるといわれています。
FX初心者のうちは、ベテラン投資家のブログなどをみて、分析の仕方を学んでみてください。
FX上級者になれば、ポジション比率を参考にした上での逆張りをすることも少なくないでしょう。