FXで取引する流れって?

FXで取引する流れって?

円高になると、チャンスとばかりにFXを始める人達が増えてきますね。
そこで、FXで取引をする流れをご紹介していきます。
まず、最初にやらなければならないことは、FXの取引業者に口座を開設することです。
最近では、ネット上で必要書類をアップロードするだけですぐに開設できるようになっていますので、とても便利ですね。
自分の口座が開設されたら、指定口座に証拠金を入金すれば、これでFX取引の準備はOKです。
もし、お目当てのペアがあれば、早速売買してみましょう。
FXの場合、現物株とは異なり、「買い」からでも「売り」からでも、どちらからでも入ることができるため、利益を出すチャンスを逃すことがないのが魅力の一つです。
けれど、初心者の場合、最初のうちは売りから入ることに抵抗を覚えるかもしれません。
また、売りから入ってしまうと、スワップポイントと呼ばれている利子のようなものを毎日支払う必要がありますので、注意が必要です。
ちなみに、買いから入ると、スワップポイントを毎日受け取ることができます。
自分のポジションが有利になって、目標としていた利益に到達したならば決済を行います。
そこで初めて、利益が確定するのです。
反対に、ポジションが不利になってしまって損失が出てしまっても、決済を行わない限り損失は確定されません。
ただし、一定以上に損失が大きくなってしまったら、強制的にFX業者から決済されてしまい、損失が確定されてしまいます。