FXのスワップとは?

FXのスワップとは?

長らく低金利の続く日本では、定期預金してもほとんど金利がつかないけれど、かといって、リスクの高い投資で資産運用をするのはちょっと・・・という方に人気なのが、FXのスワップ投資です。
同じFXへの投資でも通貨の売買差益で利益を得ようとするより、リスクが少なく、初心者でも利益を出しやすいといわれています。
FXのスワップというのは、外貨を購入するために借りた通貨の金利と購入した外貨の金利の差額のことをいいます。
スワップと略されることも多いですが、正式な専門用語としては、スワップ金利とか、スワップポイントと呼ばれていますね。
このスワップ金利は、日々変動しており、その通貨を持ち続けている限り受け取ることができるのです。
ただし、これは金利の低い通貨を借りて、金利の高い通貨を買った場合の話に限定されます。
金利の高い通貨を借りて、金利の低い通貨を購入するのであれば、逆にスワップ金利をその通貨を保持している限り支払い続けることになるのです。
また、買いポジションの際に、通貨ペアの金利の逆転が起こってしまうこともよくあります。
なので、スワップ投資だからといって、確実に利益が出るというわけではありませんし、損失が生じることもあるでしょう。
FX初心者がスワップ投資をする時には、レバレッジを低くしておくことが大切です。
たくさんの利益を得たいと思ってレバレッジを高くしてしまうと、値動きが起こった時に、大きな損失を被ることになります。
それに、どのFX業者に口座を開設するかも、非常に重要です。