FXのポジションとは?

FXのポジションとは?

FXには専門用語がいくつかありますから、FX初心者の方はまず、よく使われる専門用語を覚える必要がありますね。
FXのポジションもFX投資の際によく使われる専門用語の一つです。
ポジションというのは、直訳すると「位置」ですが、FXでは「持ち高」のことをいいます。
持ち高とは、その人が通貨を持っている状態のことです。
もし、通貨を買っている状態であれば、「買いポジション」になります。
ロングポジションという場合もあります。
そして、通貨を売っている状態だったら、「売りポジション」になるわけです。
売りポジションには、ショートポジションという呼び方もあります。
また、通貨を持っていない状態のことを「スクエア」と呼んでいます。
FX投資は安く買って高く売る、高く売って安く買うことで利益を得るものですよね。
相場の動きが読めないような状況の時は、通貨を持たないスクエアという選択もリスクを減らすためには必要となるでしょう。
ちなみに、「ポジションメイク」や「ポジションを建てる」という表現もあり、これは新規に通貨の売買を行うことを指します。
それに、持っている通貨の量を増やすことを「ポジションを膨らませる」といい、逆に減らすことを「ポジションを減らす」と表現します。
スワップポイントと呼ばれる金利が発生するのは、ポジションを維持している間に限られます。
ポジションを維持している間は、損失も利益も確定しません。
ただ、ロスカットに注意しないと、自分の望まないタイミングで強制決済されてしまいます。