FXのレバレッジとは?

FXのレバレッジとは?

FXの魅力の一つに、レバレッジがあります。
このレバレッジというのは、直訳すると「てこ」のことで、FX業者に取引保証金(証拠金)を預けると、その金額以上の取引ができることを指します。
どのくらいレバレッジをかけられるかはFX業者にもよりますが、規制前にくらべると、その倍率は低くなっています。
ただ、倍率が低くなったとはいっても、25倍のレバレッジをかければ、10万円の資金で250万円分の取引ができてしまうわけです。
得られる利益が大きくなる分、損失も大きくなってしまいますから、くれぐれも注意が必要でしょう。
FX初心者のうちは、あまり大きなレバレッジをかけない方が無難です。
預けた取引保証金がなくなるだけならいいですが、場合によっては、それ以上の損失が出てしまうことも少なくありません。
レバレッジをかける時には、必ず損失を計算して、自分の投資予算の範囲内に収まるようにしておきましょう。
リスク管理さえきちんとすれば、レバレッジを上手く利用することで、短期間で効率よく資産運用することができます。
レバレッジの倍率を上げればその分だけ、差益はもちろん、スワップポイントの倍率も上がります。
高いリスクを負うことで、ハイリターンを得られる可能性があるのです。
一般的には、短期の取引ではレバレッジ倍率を高くして、相場が変動する可能性が高い長期の取引では低めにします。
FX上級者の中には、レバレッジ倍率の上限でFX業者を選ぶ方も少なくありません。
日本のFX業者のレバレッジ倍率の上限は25倍なので、それ以上のレバレッジをかけられる海外のFX業者を利用する方もいるようです。