外国為替相場の通過の特徴

外国為替相場の通過の特徴

外国為替相場で多く取引されている通貨について、その特徴についてお話したいと思います。
まずは世界の基軸通貨、米国ドルです。
ドルは言わずと知れた世界の最も有名な通貨でもあり、世界中で行われている貿易の決済通貨としてもその地位を現在も維持しています。
これをメジャーカレンシーと言うのですが、かつては英国ポンドがメジャーカレンシーでした。
英国の時代が終わり、米国が取って代わった時から世界の基軸通貨はドルになったのでした。
オーストラリアドル、ニュージーランドドル、台湾ドル、香港ドル…世界中にドルと名の付く通貨がたくさんあることを見てもそれが分かります。
外国為替相場ではある通貨がどの通貨に対していくらなのか、というレートを数値で表します。
例えば日本円がドルに対していくらか、という場合はドル円という通貨ペアとして表示されます。
円がユーロに対していくらか、という場合はユーロ円という具合です。
他にも通貨ペアはたくさんあって、ドルを介さないものもあります。
円とオーストラリアドルを交換する通貨ペアの場合、ドルは無関係です。
ですが実際にはそうではないのです。
まず外国為替市場でドルを介した通貨ペアのことをストレートペアと言います。
ドル円やユーロドル、ポンドドルなどがそうです。
自国の通貨とドルを直接交換するレートが最も重要な指標であるため、ほとんどの国の経済ニュースではストレートペアのレートを報道します。
それに対し、円とオーストラリアドルなどのようにドルを介さない通過ペアのことをクロスペアと言います。

なぜストレートと言わずにクロスと呼ばれるのかご説明します。
例えば円とオーストラリアドルを交換する通貨ペアのことを豪ドル円と言います。
実際に取引が行われているインターバンク市場で日本円と豪ドルを直接取引しているのかというと、流通量の都合もあってそれはありません。
通常は円をまずドルに換えて、そのドルを豪ドルに換えます。
結局間に米国ドルが介在することになり、ストレートペアが2つ重なって出来た合成通貨ペアというわけでクロスペアと言われます。
それだけ外国為替相場においてドルの存在というのは大きいということですね。
ニュースで円高や円安と言われるのは単に円が上下しているという意味ではなく、ドルに対して上がったのか下がったのかという意味です。
これは日本だけでなく世界中の通貨がドルに対して高いのか安いのかということで自国の通貨価値を判定しています。